L

聲繭|COCOONx


time-06.png
 

 
 

繭的裝置源自一個對未來住屋的天真想像,以仿生自然繭的形態想像人們居住在自然的繭屋裡,開啟聲音、藝術、住民、城市與環境間的想像力。 採集各種屬於台南在地的聲響,後製編輯之後成為台南獨特的城市音景,建構與召喚回屬於五條港的歷史想像和海安路的生活記憶。

繭という装置の発想は未来住宅に対してのピュアな想像です。もし繭のような家に生活するのなら、人の生活スタイルはどんなものになるだろうと想像しながら、作品を作り出しました。台南に存在している音声を採集して、アレンジすると、台南ならではの音楽になりました。五条港の歴史が刻まれた、海安路の生活記憶が甦ります。

Influenced by futuristic house designs, the bionically inspired COCOONx offers a living space that attempts to capture visitors imagination for sounds, arts, residents, cities, and environments.
Sounds were recorded across Tainan and re-edited to create unique soundscapes of Tainan that construct and restore memories of the Five Ports and Haian Road.
 
 

作品資訊

創作者  超維度互動

聲音採集  聽說聲音工作室

設計協力/執行  步里赫森

作品媒材  微電腦控制器、喇叭、LED燈條、玻璃纖維強化塑膠(FRP)

マイクロコントローラ、スピーカー、LEDライト、FRP(繊維強化プラスチック)

作品位置  L

ARTWORK PROFILE

ARTIST(S)  Dimension Plus

FIELD RECORDING  Ting Shuo Hear Say

PRODUCTION DESIGN AND PRODUCTION COORDINATOR  HOZEN Studio

MATERIALS  Micro Controller, Speakers, LED Strips, FRP

LOCATION  L


 

L1 - L6

音繭|COCOONs

〈音繭〉安裝在海安路的燈柱上,依時間陸續播放台南的城市聲景。到了夜晚,所有的繭裝置將會散發出仿生呼吸一般的光線。六首聲景音樂使用台南當地採集的環境錄音,透過聆聽召喚台南的生活記憶。

COCOONs are installed on lamp posts standing along Haian Road, playing different soundscapes for Tainan at different times. COCOONs emits breathing lights in the night.

〈音繭〉は海安路にあるの灯柱に設置され、時間によって台南の町の環境音声を流します。夜になると、すべての音繭が呼吸をしているのように光を放つ。六つの曲は台南の地で採集された環境音声を用いており、台南での暮らしの記憶を呼び醒ます。
 


IMG_5346.jpg
 

L1

 
 

水仙宮的後搖滾

水仙宮有三百多年的歷史,周邊老店及特色小吃也不少。走進市場,除了採買,也像是一場探訪古蹟之旅。樂章以夢幻的後搖滾鍵盤音樂開場,接著叫賣聲與吉他刷扣一起登場,彷彿影片畫格,或是從一節節列車車廂內向外觀看水仙宮發展至今的活歷史。

Post-Rock in Shuixian Temple

Shuixian Temple has a history of more than 300 years and is surrounded by old shops and local food vendors. In addition to shopping in the market, people can also have a tour at the historic site. The piece of post-rock music starts with dreamy keyboard music followed by hawking sounds and guitar music, presenting images of the development of that area. The whole experience is just like taking a train and watching the development of the community along the way.

水仙宮のポストロック

水仙宮は300年以上の歴史があり、その周囲には老舗や特色あるBグルメの店がたくさんある。市場に入ると、買い物しているだけでなく、古跡めぐりをしているような気分になる。この曲の始めはファンタジックなポストロックのキーボード演奏、続いて市場の売り声とギターの音が一緒に登場する。まるで映画のワンシーンを、あるいは列車の車窓から水仙宮の今に至るまでの歴史を見ているかのような気分にさせる。
 

 

L2

 
 

彈子房青春夢

工藝品是台南的特色物產,製作中的擊聲分明有力道,又似彈子房撞球聲,勾起在那個工藝品盛行的年代,工作者少有的娛樂項目之共通回憶。音樂線條並搭配早期電動遊戲機台聲,企圖在新世代引起不同的發想與共鳴。

Youthful Pool

Tainan is noted for artifacts. Making artifacts generate sounds similar to sounds of pool balls, a common pastime back in the old days when pastimes were limited. The melody is backed by the sounds made by arcade machines, which were popular then, to evoke a different yet similar resonance among the younger generation.

ビリヤード場での青春時代

工芸品は台南の特産品である。工芸品を制作するときの音ははっきりとして力強く、ビリヤード場で玉を突く音にも似ており、その音を聞けば工芸品の制作が盛んだったころの記憶が呼び覚まされる。当時は娯楽が少く、ビリヤード場が皆の思い出の場所だったからである。曲には昔のアーケードゲーム機の音が合わせてあり、若い世代の異なる発想や共感を呼び起こそうとしている。

 

L3

 
 

台江小宇宙

台江豐富的生態在這幾段採集的聲景展露無遺。音樂搭配以水晶剔透感為始,像是清晨的露珠,豐厚的弦樂描繪天地給予台南的滋潤。

Taijiang’s Microcosm

Taijian’s ecology is amply demonstrated in the recorded soundscapes. The music, like a dew in the morning, starts out with a translucent image. The string music creates the image that Tainan is specially gifted and nourished.

台江を謳歌する

台江で採集された環境音を聞くと、この地が自然の宝庫であることがよくわかる。この曲は水晶のような透明感に始まり、まるで朝露の珠のようである。弦楽器の響きが、天地が台南に与えた潤いを描き出す。

 

L4

 
 

沙卡盛囂交響樂

沙卡里巴(盛り場)— 像舞台劇一樣,店面一間一間開啟,看到/聽見裡面形形色色的美味,南台灣人文與美食的大匯流。美食是音樂,音樂是美食。

Symphony of Sakariba

Sakariba is just like a drama. As local restaurants open one after another, food/music is served/played one after another. Tainan is rich in culture and food. Food is music, and music is food.

盛り場のシンフォニー

沙卡里巴(盛り場)は店が次から次へと一斉に開き、まるで舞台劇のようである。店の中の色々なうまい物を見たり聞いたりできる、台湾南部の文化と食の一大集結地である。グルメは音楽であり、音楽はグルメである。

 

L5

 
 

巴哈的紡織機

紡織產業在台南有其歷史上的重要性,從工廠到客廳、啟動了台南繁華的經濟活動。黃昏時分巷弄間此起彼落的縫紉機聲,是很多五六年級台南人的清晰回憶。這樣的時光彷彿巴哈的行板(Andante)樂章,日復一日,平靜純樸。

Bach’s Weaving Machine

The textile industry plays an important role in the history of Tainan, boosting the local economy. People born in the 1960s and 1970s can still recall the sounds made by weaving machines in the streets at dusk. The simple life and repetitive work are just like an andante piece by Bach.

バッハのミシン

繊維産業は台南の歴史上、重要な役割を担っている。工場から内職者の家庭の居間を舞台として、台南の経済活動を活発にしたからである。夕暮れ時、路地裏のそこかしこに響くミシンの音が、は1960~70年代生まれの台南人の記憶にははっきりと刻まれている。当時の時の流れは、バッハの「アンダンテ」のように、一日一日が、穏やかでシンプルであった。

 

L6

 
 

南鐘大混音

以唱詩班的和聲為引導,節奏的速度以實際聲景的鐘聲、籤聲、鼓聲為依據,形成一種緩拍的律動。以靈魂樂(Soul)的音樂質感,描繪台南宗教儀式多元豐富的色彩。

Nanjhong Remix

Backed by the choir, this down tempo music’s rhythm and pace are based on the actual bell sounds, drum sounds, and the sounds made by shaking the Chinese Fortune Sticks. This piece of Soul music vividly depicts a myriad of religious rituals in Tainan.

南鐘のハーモニー

この曲は聖歌隊の和声に始まり、鐘の音やおみくじの箱を振る音、太鼓の音といった実際の環境音声のテンポに合わせた、穏やかなリズムの曲となっている。ソウルミュージック的な質感をもって台南の宗教儀式の多様で豊かな色彩を描き出している。


作品資訊

創作者  超維度互動

聲音採集  聽說聲音工作室

聲音創作  李婉菁

設計協力/執行  步里赫森

作品媒材  微電腦控制器、喇叭、LED燈條、玻璃纖維強化塑膠(FRP)

マイクロコントローラ、スピーカー、LEDライト、FRP

作品位置  L1-L6

ARTWORK PROFILE

ARTIST(S)  Dimension Plus

FIELD RECORDING  Ting Shuo Hear Say

SOUND ARTIST   Sandra Tavali

PRODUCTION DESIGN AND PRODUCTION COORDINATOR  HOZEN Studio

MATERIALS  Micro Controller, Speakers, LED Strips, FRP

LOCATION  L1-L6


語音導覽

AUDIO TOUR